2019年04月28日

2019/4/28 礼拝メッセージ

礼拝メッセージ(比嘉牧師)
a class="audio-link" href="https://isschapel.up.seesaa.net/image/No.360-Track001_0EFBC9A00-36EFBC9A182836EFBC9A1829.mp3">No.360-Track001_0:00-36:18(36:18).mp3


説教題:「エマオの途上」
 〜生きる原点としてのイースター〜
聖 句:ルカ24:13〜33

緒論 
 私達の人生はエマオの旅人によく似た所がある。
 人生の旅にもいろいろなことが起こる。その時どう対処するのか。

本論
T)後ろ向きの人生(エルサレムからエマオ)
 @過去に縛られ、考え方
 A悲しそうな顔(エマオへの帰路)
 B目がさえぎられる

U)前向きの人生
 @目が開かれる
 A心が燃える
 Bリターン(エマオからエルサレム)

V)同伴者イエス
 @誰と人生を歩むか(創12:1)
 A真の友とは(共にいる)
 B寝ずの番(出12:40)

結論
 主にあれば何度でも敗北から立ち上がることが出来るというのが、
 エマオの弟子たちを通して教えられる。それがイースターである。


【分かち合いでの質問事項】
 今日のメッセージから
1.メッセージで示されたたことは?
2.実戦に導かれたことは?


  ★ 日曜日は教会へ!★
  教会学校 10:00〜10:30(毎週日曜日)
  主日礼拝 11:00〜12:30(毎週日曜日)
  英語礼拝 19:30〜21:00(毎月第1・第3日曜日)
  祈祷会  19:30〜   (毎週水曜日)
  婦人祈り会10:30〜   (毎週木曜日)

  日本フォースクエア福音教団
  糸満シーサイドチャペル(沖縄新生教会)
  郵便:901-0302
  住所:沖縄県糸満市字潮平804番地
  電話:098-994-2343
  主任牧師:比嘉幹房 牧師:比嘉常子
  伝 道 師:比嘉信
  宣 教 師:リマ・ピーター&バァレリー

「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。」(へブル13:8)
ラベル:メッセージ
posted by iss at 17:00| Comment(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

2019/4/21 礼拝メッセージ

礼拝メッセージ(比嘉牧師)


説教題:「その方はここにはおられない」
   〜神は亡くなったのか〜
聖 句:ルカ24:1〜12

緒論 
 中世の修道院の日常の挨拶は死を覚えよ(メメント、モリ)であった。
 レオナルド・ダビンチは生きるということは人生の終わりという死から
 生きるときに人生の意味がわかると

本論
 死んで全てが終わると言うのはこの復活を通して否定される。

T)死んだという事実
 @(ルカ23:46、Tコリント15:3〜4)
 A死ぬことは生きること(ヨハネ14:19)
 B盗難説・買収説

U)復活の事実
 @石はころがされていた
 A空の墓
 B死に対する勝利(Tコリント15:55〜58)

V)復活の希望の事実
 @聖書に従って(Tコリント15:3)
 A確かな望
 B無駄にならない人生

結論
 復活の主を知ったときに、悲しみは喜びに、失望は希望に変えられる


【分かち合いでの質問事項】
 今日のメッセージから
1.メッセージで示されたたことは?
2.実戦に導かれたことは?


  ★ 日曜日は教会へ!★
  教会学校 10:00〜10:30(毎週日曜日)
  主日礼拝 11:00〜12:30(毎週日曜日)
  英語礼拝 19:30〜21:00(毎月第1・第3日曜日)
  祈祷会  19:30〜   (毎週水曜日)
  婦人祈り会10:30〜   (毎週木曜日)

  日本フォースクエア福音教団
  糸満シーサイドチャペル(沖縄新生教会)
  郵便:901-0302
  住所:沖縄県糸満市字潮平804番地
  電話:098-994-2343
  主任牧師:比嘉幹房 牧師:比嘉常子
  伝 道 師:比嘉信
  宣 教 師:リマ・ピーター&バァレリー

「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。」(へブル13:8)
ラベル:メッセージ
posted by iss at 17:00| Comment(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

2019/4/14 礼拝メッセージ

礼拝メッセージ(比嘉牧師)


説教題:「愛と憎しみのはざま」
〜レントからイースターへ〜
聖 句:ルカ23:34〜43

緒論 
 今週の金曜日はイエス様が十字架に付けられた日(受難日)を
 グッドフライデーと呼ぶのはなぜか。それはキリストの十字架にある。

本論
 ルカ23:32〜43はゴルゴダの丘における人間を愛する神とキリストを
 無き者にしようとするサタンの壮絶な戦いである。
T)罪の贖いの十字架(何をしているのかわからない)(ルカ23:34)
 @神との関係の断絶
 A罪(SIN)とは
 B主の意思で(ヨハネ10:18、ペテロ13:18)

U)愛の十字架(ルカ23:37〜39)
 @イエスの沈黙(マタイ27:11〜14、Tペテロ3:18)
 A神の愛の広がり
 B領収書の愛

V)救いの十字架(ルカ23:43)
 @信仰告白(ローマ5:1)
 A救いは今日(ルカ23:43)
 B天国への保障(ルカ23:43)

結論
 教会の屋根に高く掲げている十字架は、イエスキリストの
 救い、愛、希望を示している。十字架こそ教会の中心
 (Tコリント2:2、Tペテロ2:21)


【分かち合いでの質問事項】
 今日のメッセージから
1.メッセージで示されたたことは?
2.実戦に導かれたことは?


  ★ 日曜日は教会へ!★
  教会学校 10:00〜10:30(毎週日曜日)
  主日礼拝 11:00〜12:30(毎週日曜日)
  英語礼拝 19:30〜21:00(毎月第1・第3日曜日)
  祈祷会  19:30〜   (毎週水曜日)
  婦人祈り会10:30〜   (毎週木曜日)

  日本フォースクエア福音教団
  糸満シーサイドチャペル(沖縄新生教会)
  郵便:901-0302
  住所:沖縄県糸満市字潮平804番地
  電話:098-994-2343
  主任牧師:比嘉幹房 牧師:比嘉常子
  伝 道 師:比嘉信
  宣 教 師:リマ・ピーター&バァレリー

「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。」(へブル13:8)
ラベル:メッセージ
posted by iss at 00:06| Comment(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

2019/4/7 礼拝メッセージ

礼拝メッセージ(比嘉牧師)


説教題:「御子さえ惜しまない神」
〜レントからイースターへ〜
聖 句:マタイ26:36〜46

緒論 
 この世界、社会は国と国との戦い、人と人との戦い、
 病気、災害との戦いが病むことはない。
 しかしどんな戦いよりも父なる神と子なる神の戦いほど
 理解できないものはない。

本論
T)子なる神の戦い(マタイ26:38〜39)
 @イエス様の悲しみとは(マタイ23:37〜38)
 Aこの杯を過ぎ去らせてください(マタイ26:39)
 Bみこころのままに(マタイ26:42)

U)父なる神の戦い(マタイ6:42)
 @我が子を見捨てる父なる神(マタイ26:42)
 A罪人を愛する父なる神(ローマ8:32)
 B神と人との和解(ローマ5:9〜11、Uコリント5:2)

V)使命のゲッセマネ(マタイ26:42)
 @十字架以外に救いはない
 A避雷針としての十字架
 B立って行こう:神との共同体の働き

結論
 十字架のキリストを知ることは人間の実像を知り、
 神に立ち帰ること。そして十字架の使命を果たすこと


【分かち合いでの質問事項】
 今日のメッセージから
1.メッセージで示されたたことは?
2.実戦に導かれたことは?


  ★ 日曜日は教会へ!★
  教会学校 10:00〜10:30(毎週日曜日)
  主日礼拝 11:00〜12:30(毎週日曜日)
  英語礼拝 19:30〜21:00(毎月第1・第3日曜日)
  祈祷会  19:30〜   (毎週水曜日)
  婦人祈り会10:30〜   (毎週木曜日)

  日本フォースクエア福音教団
  糸満シーサイドチャペル(沖縄新生教会)
  郵便:901-0302
  住所:沖縄県糸満市字潮平804番地
  電話:098-994-2343
  主任牧師:比嘉幹房 牧師:比嘉常子
  伝 道 師:比嘉信
  宣 教 師:リマ・ピーター&バァレリー

「イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。」(へブル13:8)
ラベル:メッセージ
posted by iss at 17:00| Comment(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする